桜木記念病院【三重県松阪市・多気町| 医療法人】

個人情報保護方針

医療法人 桜木記念病院(以下、「当院」)は、「全人的視点にたち、最新・最良の医療・介護を提供し社会に貢献します」という理念の基に、医療・介護業務を行っています。最新・最良の医療と看護・介護等を提供するためには、患者様、施設入居者様、利用者様(以下、「患者様等」)との信頼関係を築き、患者様等一人ひとりに安心して医療・介護サービスを受けていただくために、以下の個人情報保護方針に基づき個人情報の保護に努めます。

  1. 個人情報の収集について

    当院は、診療・看護・介護および患者様等に関わる範囲で個人情報の収集を行います。そのほかの目的に個人情報を利用する場合は、利用目的をあらかじめお知らせし、ご了解を得たうえで実施いたします。ウェブサイトで個人情報を必要とする場合も同様にいたします。

  2. 個人情報の利用および提供について

    当院は、患者様等に個人情報の利用につきましては、次の場合を除き本来の利用目的の範囲を超えて使用いたしません。

    1. 患者様等の了解を得た場合
    2. 個人を識別あるいは特定できない状態に加工して利用する場合
    3. 法令等により提供を要求された場合

    当院は、法令の定める場合等を除き、患者様等の許可無くその情報を第三者に提供いたしません。

  3. 個人情報の適性管理について

    当院は、患者様等の個人情報について、正確かつ最新の状態に保ち患者様等の個人情報の漏えい、紛失、破壊、改ざんまたは患者様等の個人情報への不正なアクセスを防止することに努めます。

  4. 個人情報の確認・修正について

    当院は、患者様等の個人情報について患者様等が開示を求められた場合には、遅滞なく内容を確認し対応いたします。また内容が事実でない等の理由で訂正を求められた場合も、調査し適切に対応いたします。

  5. 法令遵守と個人情報保護の仕組みの改善

    個人情報の保護に関する日本の法令、その他の規範を遵守するとともに、上記の各項目の見直しを適宜行い、個人情報保護の仕組みの継続的な改善を図ります。

  6. 問い合わせの窓口

    当院の個人情報保護方針に関するお問い合わせは、医事課(電話 0598-21-5522 <内線 19・21・22>)でお受けいたします。

医療法人 桜木記念病院

平成17年 4月 制定

平成28年11月 改定

注記

医療法人 桜木記念病院のため、病院本体と医療法人が設置運営する関連部所及び関連施設も含む。

個人情報保護規程

第1章 総則

(目的)

第1条

個人情報保護規程(以下、「規程」という)は、医療法人 桜木記念病院(以下、当院という)が定める「個人情報保護方針」に基づき、個人情報の適切な取扱いに関する事項を定めることにより、当院職員などと患者様、施設入居者様、利用者様(以下、「患者様等」という)との信頼関係の構築を図るとともに、患者様等の権利利益を保護することを目的として制定する。この規程に定めのない事項に関しては、個人情報保護に関する法律の定めるところによる。

(適用範囲)

第2条

規程は、当院の役員及び正職員、準職員、臨時職員、嘱託職員(以下、「職員など」という)が業務として個人情報を取り扱う場合に適用する。また、個人情報を取り扱う業務を外部に委託する場合の委託先及び労働者派遣法に基づく派遣労働者に対しても適用する。

職員などは、この規程を遵守して個人情報の保護に努めなければならない。

(定義)

第3条

規程で用いる用語は、以下のとおりとする。

(1)個人情報

個人(死者を含む)に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、性別、生年月日、住所、年齢、職業、続柄等の事実に関する情報、そのほかの記述により、特定の個人が識別され、または識別され得るもの、又、個人の身体、財産、肩書等の属性に関する判断や評価を表す全ての情報(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む)。

(2)個人データ

個人情報のうち、特定の個人情報をコンピュータを用いて検索することができるように体系的に構成したもの、および特定の個人情報を容易に検索することができるように体系的に構成したもの。

(個人情報の利用と収集)

第4条

当院は、下記に定める目的を遂行するため個人情報を収集する。

(1)利用目的の範囲

◇当院内での利用

・医療・介護保険業務

・入退院時等の病棟管理

・会計・経理

・医療・介護事故等の報告

・当該患者様等のサービス向上

・医療・介護の質の向上を目的とした院長症例研究

・その他患者様等に係る管理運営業務

◇当院外の情報提供としての利用

・他の病院、診療所、助産院、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携

・他の医療機関等からの照会への回答

・患者の診療等のための外部の医師等からの意見・助言を求める場合

・検体検査業務等の業務委託

・家族等への病状説明

・審査支払機関等へのレセプトの提出

・事業者等からの委託を受けた健康診断に係る事業者等へのその結果通知

・医師賠償責任保険等に係る医療・介護に関する専門の団体や保険会社等への相談、又は届出等

・その他患者様等への医療・介護保険業務に関する利用

収集する個人情報の範囲は、前項の規程により特定された利用目的を達成するため必要な限度を超えないものとする。

前2項の規程は、次の各号の一つに該当する場合についてはその限りでない。

(1)法令に基づく場合。

(2)人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。

(3)公衆衛生の向上または児童の健全な育成のために特に必要があって、本人の同意を得ることが困難であるとき。

(4)国の機関もしくは、地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を

遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがあるとき。

第2章 管理体制

(管理体制)

第5条

個人情報の適切な管理を推進するため、個人情報管理責任者を置く。

当院の理事長が個人情報管理責任者となる。

個人情報管理責任者を委員長とする個人情報管理委員会を設置する。

所属部所・施設における個人情報保護を推進するため、所属部所・施設ごとに個人情報管理担当者を置く。

(個人情報管理責任者の業務)

第6条

個人情報管理責任者は、規程に基づきすべての個人情報保護管理に関する権限と責任を有する。

個人情報管理責任者は、個人情報に関して、次の各号の業務を行うものとする。

(1)規程の定めるところに従い、個人情報が保護されるように必要な措置を講ずること。

(2)規程などに基づいて、個人情報の取扱い、利用、第三者提供または開示にかかる苦情の適切かつ迅速な処理をすること。

(3)個人情報の取扱いについて当院職員などに指導および研修等を行うこと。

(4)当院および業務委託先において、個人情報保護が適切に行われているかの監督を行うこと。

(5)そのほか、必要な事項

(個人情報管理委員会の業務)

第7条

個人情報管理委員会は、個人情報保護管理に関する事項を統括し、規程に基づき個人情報の保護のための諸対策の企画、立案、実施を行うとともに、重要事項に関する関連部所、関連施設との連絡及び調整を行う。

(個人情報管理担当者の業務)

第8条

個人情報管理担当者は、所属部所・施設における個人情報保護に関する権限と責任を有し、規程に定める事項を実施するとともに、所属職員などにこれを遵守させるよう適切な管理および指導を行う。

所属部所・施設において管理する個人データの適切な管理・保存を行い、個人情報の保護ならびに運用に支障をきたさないように努めなければならない。

(事故の報告)

第9条

職員などは、不正行為、盗難などにより個人情報等が侵害され、またはされる恐れがある場合、その旨を直ちに個人情報管理担当者に報告しなければならない。

前項の報告を受けた個人情報管理担当者は、個人情報管理責任者と協議のうえ、その事実の調査を行うとともに必要な措置を講ずるものとする。

(職員などの遵守事項)

第10条

職員などは、個人情報保護のため、次の各号を遵守するものとする。

(1)個人情報の取得は、偽りそのほかの不正な手段で行ってはならない。

(2)個人情報の利用は、本人から同意を得た利用目的の範囲内で行わなければならない。

(3)業務目的以外に個人データを利用してはならない。

(4)業務上知り得た個人情報をほかに漏らしてはならない。なお、退職後も同様とする。

(5)個人情報を不当に変更、または消去してはならない。

(6)個人情報が記載された帳票(メモを含む)、入力されたUSBなどや個人データについては、厳重に取り扱うとともに、廃棄および消去に当たっては復元不可能な形にして行わなければならない。

(7)個人データは、利用目的の達成に必要な範囲において、正確かつ最新の内容に保つように努めなくてはならない。

(委託)

第11条

個人データの取扱いの全部または一部を委託する際には、個人情報を適正に取り扱っている事業者を委託先として選定しなければならない。

委託契約に当たっては、次の各号の項目を契約内容に加えなくてはならない。

(1)個人データの利用の制限

(2)個人データに関する秘密保持

(3)個人データの安全管理に関する事項

(4)個人データの再委託に関する事項

(5)事故時の責任分担

(6)委託契約終了時の個人データの取扱い

個人情報管理担当者は、委託先が個人情報を適切に取り扱っていることを定期的に確認する。

(細則、要領などの制定)

第12条

個人情報の具体的な取扱いを定めるために、細則、要領、手順書等を定めることができる。

細則、要領等の制定は、その内容について個人情報管理責任者の承認を必要とする。

(規程の変更)

第13条

規程は、必要に応じて個人情報管理委員会が変更することができる。

第3章 個人情報の開示等の基準

(開示)

第14条

本人から、当院が保有する個人データの開示を求められたときは、本人に対し遅滞なく当該個人データを開示する。また、当該本人が識別される個人データが存在しないときは、その旨を知らせることとする。

前項にかかわらず、次の各号の一つに該当する場合はその限りではない。

(1)本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害する恐れがある場合。

(2)当院の業務の適性な実施に著しい支障を及ぼす恐れがある場合。

(3)法令に違反することとなる場合。

(訂正および利用停止)

第15条

本人から当院の保有する個人データの訂正、追加または削除(以下、「訂正等」という)、利用停止等、第三者への提供の停止の申し出があったときは、遅滞なく調査を行う。また、当該申し出が適正であると認めるときは、これらの対応を行うものとする。

前項にかかわらず、次の各号の一つに該当する場合はその限りでない。

(1)訂正

①利用目的からみて訂正などが必要でない場合

②誤りである指摘が正しくない場合

③訂正などの対象が事実でなく評価に関する情報である場合

(2)利用停止など、第三者への提供の停止の求めがあった場合であっても、手続き違反などの指摘が正しくない場合

(個人情報の第三者提供)

第16条

個人情報を第三者に提供する場合には、本人の同意を得なければならない。

前項にかかわらず、第4条3項に該当する場合はこの限りでない。

(手続き)

第17条

開示、訂正など、および利用停止は原則として本人の申し出に基づいて行う。

ただし、次の各号の一つに該当する場合については、本人以外でも行うことができる。

(1)本人の法定代理人

(2)本人の法定相続人

(3)診療計画、介護計画に関する代理権が付与されている任意後見人

(4)本人の委任を受けた代理人

当院は申請者に対し手続きに関する費用を請求することができる。

開示手続きについては「診療記録などの開示規則」に準ずる

受付窓口は、医事課とする。

(苦情対応)

第18条

個人情報の取扱いに関する苦情に対して、適切かつ迅速な対応に努めなければならない。

受付窓口は、医事課とする。

第4章 懲戒

(懲戒処分など)

第19条

当院は、故意または重過失によって個人情報を侵害し、またはさせた職員などに対し、就業規則に基づき懲戒処分を行うことができる。

前項の場合、職員などは、当院が被った損害または逸失利益を賠償しなければならない。

附則

この規程は、平成17年4月1日から実施する。

この規程の一部を改定し、平成28年11月1日から実施する。

注記

医療法人桜木記念病院のため、病院本体と医療法人が設置運営する関連部所及び関連施設も含む。