桜木記念病院【三重県松阪市・多気町| 医療法人】

概要

名称

医療法人 桜木記念病院

所在地

三重県松阪市南町443-4

院長

志田幸雄

副院長

佐甲隆

病床数

60床

標榜科目

内科・小児科・皮膚科・リハビリ科

人間ドック・各種健康診断

居宅介護支援事業・訪問看護・訪問介護

グループホーム(多気、明和、第二明和)

沿革

明治23年

松阪市日野町(当時松坂町)に於いて、初代志田亀次郎が桜木病院を開院

昭和23年

新座町に、当時副院長であった喜多利助氏が同名の桜木病院を開設したので、桜木病院本院と改めた

昭和30年

三重県立医大より、潮見浩氏が病院長として着任

病院老朽化のため、改装を行う 5月落成

昭和31年12月

医療法人桜木病院本院を開設、開設者に2代目志田亀次郎がなる

昭和32年2月

初代志田亀次郎、93歳にて死去

昭和33年

潮見浩氏、退職

三重県立医大より、伊藤収氏病院長として着任

小南吉男氏(三重県立医大産婦人科名誉教授)、顧問として着任

昭和38年

伊藤収氏退職。山本器氏(現三重県医師会会長)、病院長に就任

杉本栄一氏、副院長兼外科医長として着任

昭和43年2月

松阪市南町443番地の4に新築する

昭和52年1月

山本器氏、杉本栄一氏、退職

小南吉男氏、名誉院長に着任

藤後幸博氏、病院長として着任

白井昇氏、副院長として着任

昭和56年1月

藤後幸博氏、白井昇氏、退職

志田幸雄、病院長として着任

昭和56年3月

名誉院長、小南吉男氏71歳にて死去

昭和57年

勝田穣氏(三重大学名誉教授)、名誉院長として着任

昭和62年1月

志田英雄(歯科医師)、就任

平成4年10月

60床に増床

平成5年1月

志田英雄、副院長に着任

平成6年6月

病院新築工事着工

平成7年7月

落成 病院名を「医療法人桜木記念病院」と改名し、健康増進センターを併設する

平成7年10月

創立100周年記念式典挙行

平成9年8月

最高顧問、2代目志田亀次郎73歳にて死去

平成10年10月

訪問看護ステーション併設

平成11年7月

居宅介護支援センター、ホームヘルパーステーションを併設

平成14年4月

草川 實氏(三重大学心臓外科名誉教授)、名誉院長に就任

平成15年7月

名誉院長、勝田穣氏88歳にて死去

平成15年10月

サテライト型訪問看護ステーション飯高を開設

平成16年12月

グループホーム桜木さんを開設

平成17年9月

サテライト型訪問看護ステーション飯高を

飯高町からグループホーム桜木さん内(多気町)へ移動

平成19年4月

グループホーム桜木さん・明和 開設

平成21年3月

歯科閉科

平成22年1月

リハビリ科開設

平成22年9月

グループホーム桜木さん・第二明和 開設

平成23年4月

佐甲隆氏副院長に就任

平成23年6月

創立120周年記念式典挙行